料理もパソコンも音楽も楽しいね

アクセスカウンタ

zoom RSS BIGLOBEのv6プラスは速いですね。

<<   作成日時 : 2016/11/12 22:56   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

BIGLOBEのフレッツ光 IPv6接続でYouTubeなどIPv6のサイトが速くなった事は以前書きましたが、ネットでいろいろ検索すると、v6プラスを使えば従来方式のIPv4も速くなるらしい事がわかりまして・・・

上の表はIPv6のスピードテストなので、夜10時頃でもかなり速いのですが、IPv4の普通のスピードテストのサイトでは夜10時頃だと10Mbps以下が普通で、ヘタすると1-2Mbpsしか出ない事もあったわけです。

BIGLOBEの説明を見ると・・・

http://support.biglobe.ne.jp/ipv6/guide.html

https://support.biglobe.ne.jp/ipv6/

今の状態でv6プラスで接続できるみたいなので、ルーターのBIGLOBEのIDとパスワードを設定して接続するPPPoE接続の設定を削除して何がなんでもv6プラスで接続するようにしてみたのですが、何回か接続に失敗したので、ルーターをリセットして再挑戦してみたら・・・正常にv6プラスで接続できました。

v6プラスで接続できているかどうかを調べるサイトもありまして・・・

http://www.janis.or.jp/flets/ipv6.html

ここで、v6プラスでOKと出ればちゃんと接続できているという事のようです。

画像

このスピードテストのサイトは通常のIPv4のサイトなのですが、IPv6のサイトと同等の速度が出ました。

土曜日の夜10時でこれだけ出れば文句なしですね。

v6プラスというのは、IPv6だけでなく、IPv4のサイトもプロバイダを経由せずインターネットに入る接続方法ですからBIGLOBEが混雑していても関係なく高速で通信できる接続サービスで、追加料金無しですから環境が整っている方には絶対お勧めですね。

ネットが遅いからプロバイダを変えるというのが一般的だったような気がしますが、v6プラスみたいなサービスが使えるならプロバイダを変える必要はありませんね。

v6プラスはBIGLOBEとNIFTYで使えるようですが、他のプロバイダでも似たようなサービスがあるかも知れませんから、ネットが遅いと悩んでいる方はIPv6を使った高速通信も調べてみると解決するかも知れませんね。

追記・・・・

私の家ではひかり電話は使っていないので、BIGLOBEのv6プラスを使うにはバッファローの対応ルーターが必須なのですが、たまたま、対応のWXR-1900DHPというルーターを使っていたので運良くv6プラスを使えるようになりました。

IPv6のパススルーを設定できるルーターは他にもいろいろ出ているようですが、IPv6のIPoE接続はできるでしょうが、v6プラス接続にはIPv4のパケットをIPv6の回線に流す装置が必要で、WXR-1900DHPの場合はDS-Liteという任天堂のゲーム機の名前みたいな装置や、MAP-Eという装置が組み込まれているのでv6プラス接続ができるそうです。

BIGLOBEの場合はMAP-Eを使っているらしい。

http://buffalo.jp/taiou/kisyu/network/ipv6/

バッファローのサイトを見ると、v6プラスに対応しているのはBIGLOBEとNIFTYだそうですが、NIFTYのサイトも見てみたら若干手順が違うみたいですからNIFTYの方はちゃんとサイトで確認してくださいね。どちらも追加料金は無いそうです。

BIGLOBEもNIFTYもネットでは30年の老舗ですから会員数が多く設備の増強が間に合わないのでしょうか、どちらも重いので有名ですね。 v6プラスはプロバイダにとってもメリットがあるのでしょうね。

私はBIGLOBEはPC-VANの時代から27年使っていますし、NIFTYもニフティサーブの時代は数年使っていましたがインターネットの時代になってからは両方会員になっていても意味ないのでBIGLOBEだけにしました。

IIJmioの場合は追加料金が月額800円だそうで、自分の所の設備を通らずにインターネットに入るのになんで有料なのでしょうかね。大勢使ってくれれば自分の所の設備の増強しなくても済むのだから節約できそうなものですが・・・

プロバイダ、対応光回線、ルーターなど、v6プラスの条件が整っていて、ひかり電話を使っていない私のような場合のWXR-1900DHPの設定方法も書いておきます。

0 フレッツ光IPv6接続を申し込む。1時間以内にメールで開通の連絡が来ます。この時v6プラスも申し込むとv6プラスの判定でNGとなって、フレッツ光IPv6接続の申し込みも解除されてしまい、ふりだしに戻ります。(経験者は語る(笑)) その場合はまた、フレッツ光IPv6接続を申し込めばいいんですけどね。

WXR-1900DHPなどの対応ルーターでv6プラスを使う場合は、BIGLOBEでの場合ではフレッツ光IPv6接続を申し込むだけでv6プラスが使えるようになりますので、特にv6プラスを申し込む必要はありません。

v6プラスを申し込むとひかり電話があるかどうかのチェックが入り、ひかり電話がないとチェックでNGとなるようですね。チェックでNGになると、どういうわけかフレッツ光IPv6接続まで解除されてしまいます。

1 PPPoEの設定を削除する。
画像


2 IPv6の設定はパススルーを許可するにチェック
画像


これだけです。

あとは、一度ルーターと光終端装置の電源を切って、5-10分くらいしたら再投入。

インターネットエクスプローラなりfirefoxなりお使いのブラウザを立ち上げると、接続できないのでfirefoxの場合だとルーターの画面が出て、接続方法の選択肢が3種類くらい出ますが、「v6プラス」を選択するとv6プラスで接続できるはずです。(笑)

選択肢が出なければ、ブラウザのアドレス欄に「192.168.11.1」を打ち込むとルーターのログイン画面になるのでユーザー名はadmin パスワードはpasswordと打ち込み、画面の上の方にある地球のマークを押すとインターネット接続するための接続方法の選択肢が出ますので「v6プラス」を選択すればOK。

私の場合は数回接続に失敗したので、ルーターをリセットして再設定したら接続出来ました。

リセットする場合はちゃんとルーターが起動するまでは電源を切ったらダメですよ。

電源を切ってからしばらく時間を置いてから再度電源を入れるようにしないとうまく接続できない事もあるので接続できなかったら再度ルーターや光終端装置の電源を切ってから少し長めに待ってから電源を再投入するとか、苦しんでみてください。(笑)

60歳を過ぎた私でもなんとかなるのですから、特に難しい事は無いと思いますが・・・


「ルーターの設定をIPv6に変えてみました。 」

http://63530969.at.webry.info/201611/article_1.html

という記事も少し前に書きましたので、参考になるかどうかは分りませんが興味が出た方は読んでみてください。


これで大量にv6プラスに移る人が増えると、BIGLOBEが軽くなってv6プラスが重くなるとか・・・その場合はまたPPPoEにしてBIGLOBE経由に戻せばいいか。(笑)


追記、その2・・・・

なかなか接続できなかった事もあって、再度接続性についてテストしてみました。

まず、ルーターと光終端装置(GE-PON-ONU)の電源を一旦おとしてから、再度電源を投入。

ルーターが起動したところでfirefoxを立ち上げると、今回はいきなり利用可能な回線を探し初めまして、v6プラスで接続しようとしていますが、接続できません。

画像

再度ルーターの設定画面を起動して、詳細設定からステータスのシステムに入って様子を見ていたところ、ルーターは接続しようとしているようですが、失敗。

そこで、地球のマークのボタンを押して再度、接続を試みてみましたら・・・

画像

今度は、こんな画面が出ました。

当然v6プラスを選択すると、また、回線のチェックが始まりますが、またも接続できない。

再び、ルーターのステータスのシステムに戻って様子を見ていたら、ルーターは引き続きv6プラスでの接続をトライしているようで、様子を見ていたら今度はちゃんとv6プラスで接続できました。

私の印象では、ルーターからフレッツ側にv6プラス接続の要求が届いてからフレッツ側のv6プラス接続の準備が整うまで多少時間が掛かるようで、最初のエラーメッセージにあったように、しばらくしてからまた接続すればちゃんと認識して繋がるようです。

数回接続し直してみましたが、最初は接続できなくてもちょっと待っていれば接続できるようですね。

あとは、ネットで調べていたら、NTTのお客様IDがCOPで始まる場合はNIFTYではv6プラス接続ができないように書かれていまして、私の所は元々Bフレッツからギガに変更したので光終端装置(GE-PON-ONU)はBフレッツの時のままで、IDもCOPから始まる数字なのですがBIGLOBEの場合はちゃんとv6プラスで接続できました。

COPで接続できないと書かれていた情報は古かったのかも知れませんね。


追記、その3・・・・

追記が長くなってしまいまして、書き直した方が良いのでしょうが面倒なので(笑)

v6プラスの接続性ですが・・・

その後、ちょっとテストしてみたら、PPPoEの設定を削除して、IPv6の設定でパススルーを許可するにしてあれば、最初は接続できなくても、何もせずほっておけば、何回かリトライが掛かっていつの間にかv6プラスで繋がっているようです。

それどころか、PPPoEで接続し直してどの位遅かったのか確認してみようかと思い、IPv6の設定をIPv6を使用しないに設定して、プロバイダのID、パスワードを書き込んでPPPoEの設定をして再接続してみたのですが・・・

数回のリトライの後、v6プラスで接続してしまいまして、IPv6の設定もパススルーを許可するに自動的に戻っていました。

ルーターが賢いというべきか、設定通りに作動しないのは気に入りませんが、もう、どうなっているのか解りませんね。(笑)

多分、フレッツ光 IPv6接続の契約を解除すればPPPoEに戻るのでしょうが、テストでそこまでする必要もないのでこのままv6プラスで使う事にします。(笑)

インターネットにスピードを求めるならプロバイダの混雑度よりも、v6プラスがつかえるかどうかでプロバイダを選んだ方が良いような気がしますね。そういう意味ではBIGLOBEや@NIFTYは事実上、安定して高速で使えるプロバイダという事でしょうかね。

まあ、プロバイダは通っていないのですけどね。(笑)


追記  ルーターの設定を変更しまして、新しく記事を書き直しました。そちらも参考にしてください。
     毎日同じ時間に回線切断していたトラブルは解消したようです。

http://63530969.at.webry.info/201705/article_15.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
なるほど、私も同じような現象が起きました。
いろいろ適当に設定いじってたらV6プラスでの接続ができましたが、反映に時間がかかってたんですね

2017/01/22 09:03
Tさん。こんにちは。
最近はどういうわけか、夜10時から11時頃になるとipv4の接続が切れる事が多く、大抵は10分くらいで再度接続する事が多いのですが、4-5日前はしばらく待ってもV6プラスで接続できなくなったので仕方ないので現在はipv4で接続しています。
ipv6のサイトはipv6で接続できているのでYouTubeなどは普通に見られるのですが、v6プラスももう少し安定してくれないと困りますね。
now
2017/01/25 15:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
BIGLOBEのv6プラスは速いですね。 料理もパソコンも音楽も楽しいね/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる